スカイプ英会話で海外留学準備の一言英語

英語での挨拶、ありがとうのバリエーション

英語には様々な挨拶の仕方がありますが、ありがとうという言い方1つにもいくつかのバリエーションがあります。

 

英語には敬語がない、などと良く言われがちですがそんなことはなく、日本語のように敬語は存在するのです。ありがとう、という言葉一つとっても使い方は様々ですので、それぞれのシーンにあった言い回しをご紹介します。

 

友達や家族など、自分の身近な人に対してありがとうと言うカジュアルな言い回しがいくつかあります。

 

気軽に言いたい場合は Thanks! = どうも!という言い方が一般的でしょう。また、もう少しだけ丁寧に言いたいときはThanks a lot!などといういい方もあります。

 

ビジネスシーンや上司、目上の人に対してありがとうと言う時には、少し丁寧な言い方を使いましょう。

 

一般的にはThank you. や Thank you very much. などが使われていますが、Thank you 以外にも実は様々な言い方があります。

 

例えば、
I appreciate it.(感謝いたします)
That was very kind of you.(親切にしてくださりありがとう)
などです。

 

また、何かしてくれた事に対して〜してくれてありがとう、という言い方をしたい場合には
Thank you for~.
I appriciate that you ~.
(~の部分にはしてくれた事が入ります)

 

Thank ou for your help. (手伝ってくれてありがとうございます。)
I appricicate that you contacted me. (連絡をくれてありがとうございます。)

 

というような言い方をすると、具体的になって良いでしょう。

 

「ありがとう」はThank you.と覚えがちですが、こんなにたくさんの言い方があるのです。
これは英語を使いながら慣れていくのが一番いいでしょう。

 

こういった状況にあったフレーズがすんなり口からから出てくるようたくさん英語を話す機会を作りましょう。

 

トップページへ戻る