スカイプ英会話で海外留学 体験談

オーストラリアでのワークホリデーを通じて英語で苦労した話

1年間、オーストラリアでワークホリデーを体験してきました。
3年前まで、弁護士事務所でパラリーガルとして勤務してきたものですが、先々、法律関係で勤務していくつもりがないために、辞めることを視野に入れていました。

 

ワークホリデーに至るまでの経緯

 

そして、辞めてからは、法律関係とは何ら無関係のところで勤務したいと考えていたために、アルバイトを転々としていました。

 

その際に、同僚の人がワークホリデーの経験者であったために、その詳細について常々聞き込んでいました。また、反対にワークホリデーしに来日している外国人や、世界一周の経験を持つ人とも知り合いになったために、私も海外へ旅行に行きたいと思い、ワークホリデーに関する情報を集め始めました。弁護士事務所でパラリーガルとして勤務していた際には、海外とは縁遠いものと考えていたのですが、海外と密接な関連をしている人との触れ合いから、ワークホリデーに参加したいと思うようになりました。

 

まず、現地の語学学校に通っていたのですが、英語以外の言語を喋ってはいけない決まりがあるために、とても厳しい心象を持ちました。しかし、英語をマスターしていく上で必須のことではあるものの、当時の英語力ではとても難しかったです。

 

 

オーストラリアでの職務経験を通じて英語力の向上を図るも

 

職探しに際しては、仕事を選べば、できる仕事がなくなるために困りました。そこで、オーペアという仕事を経験したのですが、始めたばかりの頃は、英語が話せないために、相当苦労しました。小学生くらいの子供に、英語の練習をしたほうがいい旨の指摘を受けてショックを隠しきれませんでした。
大人であれば、日本人であるがゆえに英語が喋れないことを斟酌してくれて、比較的ゆっくり目に喋ってくれるのですが、子供であれば、手加減してくれず、何を喋っているのか全く理解できませんでした。そうしたことから、喋れないまでも子供と接するようにしました。そうしたところ、子供はなついてくれるようになり、仲良くなれました。

 

他には、レストランで働いています。他の人は、仕事探しで苦労しているようでしたが、そのような人は大抵仕事を選んでいる人が多いです。金があれば話は別ですが、私のように金がなければ、仕事を選んで働かないでいると、無一文になってしまいますので、必然的に仕事は選べませんでした。

 

しかし、仕事を通じて英語力が向上したような形跡は特にないです。リスニングの力は大幅な向上が見込めると思い込んでいたのですが、仕事では毎度毎度、同じ英語しか使わなかったです。しかも、最悪は同僚に日本人が多かったために、結果として、英語より日本語を練習しに来たようなものであて、何とも皮肉な結果ですね。

 

 

トップページへ戻る